会社設立方法


会社設立方法

 一口に会社を設立すると言ってもいろいろな形があります。まず、会社には4種類の形態があります。株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の四つです。
 かつての有限会社という形態はなくなり、新しい会社法により有限会社は株式会社の中に取り込まれています。従ってかつての有限会社のような形態の会社を作ろうとする場合は、現在は株式会社を作ることになります。
 株式会社が最も一般的な形で数も多いので、このサイトでは株式会社に絞って会社設立の方法を説明いたします。

 さて、株式会社にも株式市場に上場するような大会社から、内輪の少人数で運営する小会社までさまざまです。さらに、取締役を何人にするか、取締役会を置くか置かないか、監査役を置くか置かないかなど、細かいことをすべて挙げていくと実に様々な形態や規模の株式会社が考えられます。

 そこで、このサイトでは次のような最も小さい規模の会社設立方法に絞って説明いたします。

@ 株主(出資者)が一人、取締役兼代表取締役が一人、監査役はなしの会社。
 つまり、自分が株主であり、取締役であり、代表取締役であり、一人ですべて運営する一人会社です。株式会社は一人でも設立することができます。

A 株主(出資者)が二人、取締役が二人、代表取締役が一人、監査役はなしの会社。
 例えば夫婦二人で出資して会社を設立し、その二人が取締役となりその内の一人が代表取締役となる形です。

 取締役会を置くにはこれまでの株式会社同様取締役が3名以上必要ですので、上記二つの形では会社法上の取締役会は置きません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。